ホーム > 製品一覧 > 製品情報

セハージャパン : 製品情報

アルサット 自動手指消毒器

ノータッチでサッと消毒!

アルサットは、手をかざすだけで自動的にアルコールが噴射される手指消毒器。

コンパクトなボディでお手頃価格だから、あらゆるシーンで活躍します!

[仕様]
電源:単3アルカリ乾電池4個(別売)
本体色:ホワイト
外形寸法:172×163×304mm
    (補助板除く)
製品重量:670g
    (消毒液・電池除く)
タンク容量:350ml

製造元:株式会社キングジム

W172×D163×H304

場所を選ばない電池式!

単3形アルカリ乾電池×4本(別売)で動くので、設置場所を選びません。また、付属のねじを使って壁にも本体を取り付けられます。

据え置きで    

壁付けで    


 こんなシーンで大活躍!

衛生問題が気がかりな
クリニックのお医者さん


交差感染を起こさないためにも、消毒器はあちこちに配置しておきたいな。

人がたくさん集まる
公共施設の職員さん


大勢が使うから消毒液の補充がタイヘン。お得な市販の消毒液が、手軽に使えたらいいな。

消毒器の値段が気になる
庶務課長さん


オフィスの衛生管理について消毒器設置の要望も多いけど値段がなぁ…。

置き場所に悩む
ファーストフードの店長さん


来店されるお客さまに、もっと気軽に使ってもらえるコンパクトな消毒器はないかな?

 特  長

学校や病院、会社、レストランなど、さまざまな場所で衛生管理が問われる現在、手指消毒の重要性が注目されています。

アルサットは、手をかざすだけで赤外線センサーが感知し、自動的にアルコール消毒液を噴射するので、直接、消毒液に手を触れることなくご利用でいただけます。

自動噴射だから利用頻度がアップ!

うれしいノータッチだから交差感染(感染症)の心配も軽減!今まであった「できれば触りたくない…」といった不満を軽減できます。
※一回あたりの噴霧量は約1mlです。


お手もとの消毒液の利用が可能!

専用液を使用する必要がなく、市販の液体アルコールタイプの消毒液が利用可能です。
※ジェルタイプの消毒液は使用できません。


消毒液タンクは安心のロック機能付き!

消毒液タンクにロック機能が付いているので、消毒液へのいたずらを防止します。
消毒液の補充のしかた
※フタを閉める場合は、@〜Aの逆の手順で行ってください。


@専用鍵を差し込み、矢印の方向に回してロックを解除する。


Aフタを開ける。


B消毒液を入れる(350ml)


 安全上のご注意

必ずお守りください!

お使いになる方や他の人々への危害、財産への損害を未然に防ぐため、必ずお守りいただきたい事項を次のように表示しています。
本体をご使用のときは、必ず取扱説明書をよくお読みのうえ、正しくお使いください。また、取扱説明書は不明な点をいつでも解決できるように、すぐ取り出して見られる場所に保管ください。

  • 本製品は液体アルコールタイプの消毒液専用です。ジェルタイプの消毒液には使用しないでください。
  • 本製品は電子部品を使用した精密機械です。取り扱いにご注意ください。
  • アルコール使用につき火気は絶対に近づけないでください。
  • 乾電池やアルコール消毒液が入ったまま直射日光の強い所や炎天下の車内など高温の場所に放置しないでください。
  • 落下にご注意ください
  • 本製品の内容は予告無く変更する事がありますので、あらかじめご了承ください。
  • 本製品は日本国内専用です。FOR USE ONLY JAPAN
本体の組み立てかた

1.底板に背板を差し込む。
注意
・底板に背板を差し込むと取り外すことはできません。
・底板に受け皿がセットされていることを確認してください。

2.底板に、補助版を差し込む。
転倒防止のため、設置して使用する場合は、必ず補助板をセットして使用してください。本体を壁に取り付けて使用する場合は、補助板は必要ありません。

3.背板に、アルサット本体を差し込む。


乾電池のセット方法

アルサットは、単3形アルカリ乾電池4本(別売)で作動します。ご使用になる前に、乾電池をセットしてください。
注意:本体は単3形アルカリ乾電池専用です。充電池等は使用できません。

1.本体上部の鍵穴に専用鍵を差し込み、矢印の方向に回してロックを解除する。
注意
・安全のため、ロックを解除しないと、電池ボックスを取り外せないようになっています。
・付属の専用鍵以外のものは使用しないでください。

2.電池ボックスを矢印の方向に回し、引き抜く。
注意
・薬液を入れたままで裏返さないでください。

3.電池ボックスに電池をセットする。
注意
・+と-の向きに気をつけて、正しくセットしてください。
・長期間使用しないときは、乾電池を取り外しておいてください。
・新しい乾電池と使用済みの乾電池、または種類の異なる乾電池を混ぜて使用しないでください。
・古くなった電池は各地域指定の方法に従って廃棄してください。

4.電池ボックスの○印を本体の●印に合わせて本体に差し込み、矢印の方向に回してロックする。
注意
・電池ボックスをセットする際は、指をはさまないようにご注意ください。

5.鍵穴に専用鍵を差し込み、矢印の方向に「ON」の位置まで回してロックする。


電池の入れかた/切りかた

専用鍵を差し込み、矢印の方向に回してフタをロックすると、電源が入ります。作動時は、本体正面のLED表示のうち、向かって右側が緑色に点滅します。
逆方向に回すと、ロックが解除され、電源が切れます。


設置のしかた

・水平な場所に設置してください。
・消毒液を入れる際、フタを開閉するので、本体の上部は20cm以上のスペースをあけて設置してください。
・火気や花火の出る恐れのある場所には、絶対に設置しないでください。
・本体に水がかからないように設置してください。
・設置して使用する場合は、必ず転倒防止のための補助板を取り付けて使用してください。
・本体は屋内に設置してください。


壁への取り付けかた

・消毒液を入れるためのフタを開け閉めするため、本体の上は、20cm以上のスペースをあけて設置してください。
・火気や花火の出る場所には絶対に設置しないでください。
・本体に水がかからないように設置してください。
・本体は屋内に設置してください。

1.補助板を取り外す。

2.背板を壁に当て、穴(二カ所)を使って、ネジで壁に背板をしっかりと固定する。
注意
・スタンドが水平になるように設置してください。丈夫な壁に取り付けてください。

3.スタンドを壁にネジ止め後に、アルサット本体を上部より差し込む。
注意
・壁の素材によっては、付属の樹脂製プラグ(アンカー)を併せて使用してください。


アルサットQ&Aページへ(外部リンク)